2023/11/21 13:04

SAGYOの特徴として、メンバーに農家業に携わっているものがいるということがあります。

ディレクターのわたくし伊藤はもともと農学部にいたこともあり、各地の農地に収穫作業をしに行き、農産物の現状をレポートしながら販売もする「遊撃的農家」を個人の仕事としてやっています。

その中で実際に農作業をしながら必要なツールを考案したり、SAGYOの試作品をテストしたりして調整して皆様にお届けする製品を開発しています。
農作業は現場によって動作が違います。場合によっては木登りしたりもします。収穫物を持ち運ぶ、選別するなどの作業は共通しています。そのあたりの動作性を確認して販売している次第です。

ちなみに動きやすい素材といえば、スポーツ選手が使うジャージ素材などがありますが、実際にジャージで収穫作業をすると枝が引っかかって不適当だったりと、やってみないと分からないことがあります。もちろん耐久性も大事です。そのあたりを実際に現場で作業して発見していきます。

休憩時にパッと脱ぎやすいとかも大事なところです。

そんなわけで、梅、さくらんぼ、桃、みかんなどの収穫はもちろん、それ以外でも竹の伐採、床張りのDIYなどさまざまな作業で実際にテストして日々改良点を探している次第です。

ディレクター伊藤洋志